NANKAN BLOG 競輪選手名鑑 第1回
NANKAN BLOG
競輪 KEIRIN 競輪情報&予想などを掲載していきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競輪選手名鑑 第1回
競輪選手名鑑 第1回

コラム「競輪の歴史」と「競輪予想勉強会」の第1回の内容は大体決めてありましたが、
競輪選手名鑑」の第1回はどの選手にするか迷っていました。
ふと思い出したのが私が好きな競輪関連本
全国50場競輪巡礼記(デスマッチ) / 横田 昌幸の中に、
「史上最強の競輪選手は誰?」と訊くと、
10人が10人、「平間誠記!」と答えるほどの猛者であった。

というくだりを思い出したので第1回は平間誠記選手に決定!

私も数年前に平塚競輪場で仲良くなった人生の先輩(お年寄り)に
「昔を知っている人ならば最強の競輪選手は平間誠記と答える」
と、聞いたことがあります。
しかし、平間誠記選手の記録ははDataPlazaにも残っていないんですよね。
資料があまり無いので断片的に私の調べられた事を書きます。

平間誠記(ひらま せいき)
平間誠記

13期 宮城県
「悪魔の脚」と呼ばれた天才スプリンターで、
ファンの間からは一種「ヒール役」的なところがあった。
高原永伍・白鳥伸雄とともに「3強」と呼ばれていた。
競輪でも数々のタイトルを獲得しましたが、
世界自転車選手権で日本人初の入賞も果たしています。
全盛期の1968年に平塚競輪場で練習中の落車で死去。
早稲田大学の夜学に通っており、早稲田大学人物一覧(スポーツ)に
平間誠記(中退)? 伝説の競輪選手(故人)と記載されています。
主な記録

オールスター競輪
第7回大会(1962年5月開催)優勝

秩父宮妃賜杯競輪
第1回大会(1966年2月開催)優勝
※この大会は現在開催されていません。
開催場は全て西武園競輪場で開催されていました。

世界自転車選手権
ドイツ・フランクフルト大会(1966年開催)
※スプリントで日本人初の8位入賞

高松宮記念杯
第18回大会(1967年6月開催)優勝
※完全優勝

日本選手権(ダービー)
第21回大会(1967年開催)優勝
※12車立てで行われた最後の日本選手権でしたw(゚o゚)w

競輪祭
第9回大会(1967年11月開催)優勝
※ちなみにこの時の新鋭王は福島正幸さんですw

阿部 道インタビュー
Q当時の宮城県には「悪魔の脚」と呼ばれた天才スプリンター平間誠記選手(13期)がいて、その実戦形式のバンク練習の烈しさは今でも語り草になっています。
A阿部 
私たちがデビューした頃、
平間さんはすでに大スターで若手はまさに子供扱いされました。
練習でも本気でセリかけてきて、よく若手はバンク内の芝生まで転がされていましたね。
平間さんの横で走ると危なくて仕方なかったですよ、審判もいないし……(笑)。
本気の練習はほかの先輩たちも同じでした。
私が捲っていって先輩に外にはじかれて転倒すると、
「阿部はさばきが下手だなあ」なんて笑われたものです。
そんな宮城県の本番さながらの練習は当時評判になって、
他県からも選手がやってきましたが次々に落車してましたね。
平間さんは昭和43年、練習中の不慮の事故で亡くなったけれど、
あの事故がなかったらその後の競輪史は多少変わっていたかもしれません。

2ちゃんねる「事故死した競輪選手」スレッド

19 :飲む打つ買うさん :2001/08/19(日) 16:43
平間誠記は世界選向けの合宿でバンク周回中に伊藤繁と接触落車して、
だったと思う。その時メットをかぶってなかったという話も聞いたけど。

20 :飲む打つ買うさん :2001/08/19(日) 19:50
平間は競走のとき以外は「カスク」しか被らなかった。
それだけ、自転車に対して「自信」をもっていたのかもしれない。

平間が平塚で合宿中に事故死する前年(’67年)、
世界スプリントでベスト8まで進み、今度はメダルを取るといわれていた矢先の事故死だった。

24 :飲む打つ買うさん :2001/08/19(日) 23:54
>平間は競走のとき以外は「カスク」しか被らなかった。
>それだけ、自転車に対して 「自信」をもっていたのかもしれない。

当時はアマ出身でなくともカスクで練習しているのはかなりいた。
それに平間の落車はトップスピードで脳天からバンクに突き刺さるように落ちたもので、
例え今のようなヘルメットでも死んでいただろうといわれている。

※「 カスク 」=皮製の被り物

2ちゃんねる「史上最強の先行選手はだれか」スレッド

18 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/10(月) 14:40

やはり、高原エイゴさんではないでしょうか。
捲りNo1はやはり中野浩一さんでしょうね。

総合力なら故平間誠記さんに一票。


以上が私の調べる事が出来た平間誠記選手に関する資料です。
バラバラな内容になってしまいましたが、
偉大な選手であった事が少しでも伝わればと思います。
平間誠記選手に関連する本としては、
力道山 ピストン堀口 平間誠記?スポーツマンの死/寺内 大吉
という本がありますが、
残念ながら絶版なのでBOOK OFF等で発見したらご購入をおすすめします^^
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ゆうじさん
はじめまして
私はもちろん平間選手の現役時代を見たことのない世代ですが、競輪場で年配の競輪ファンから色々と聞く事が多かったです。
いち競輪ファンとして、レースを見てみたかったと思う選手の一人です。
2010/12/08 (水) 21:28:25 | URL | nankan78 #Xysd5fB2[ 編集]
自分の親父
学生時代・競輪選手時代は、先輩で在り師匠とまで言ってました
2010/12/07 (火) 00:40:38 | URL | ゆうじ #yl2HcnkM[ 編集]
ハルさん
そうですね 残念なことです。
今回は本屋さんやインターネット等色々調べましたが、
ここまでしか調べられませんでした(´・ω・`)
2006/10/21 (土) 10:34:29 | URL | nankan78 #Xysd5fB2[ 編集]
こんな名選手がいたのに、あまり資料や映像が残ってないいないなんって本当に残念ですよね・・・
2006/10/21 (土) 00:40:02 | URL | ハル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 NANKAN BLOG all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。